Startup

出島型アクセラレーション・プログラム

対象:「成熟企業」×「ベンチャー企業」による事業共創プロジェクト

成熟企業の共通課題: なぜ、挑戦できないのか?

一部の革新的企業を除くと、大多数の成熟企業(特に上場企業)は既存のコア事業・技術領域以外に社内のリソースを満足に割きにくいという実態があります。特に、これまでに経験のない新事業に挑戦するには、厳しいコンプライアンスや自社ブランドのReputation Risk等も大きなハードルとなります。しかも、新事業に取り組む人や部署は、現在のコア事業・技術を担う人や部署から冷視・冷遇されることも珍しくありません。

だから「外で挑戦」し「内に戻す仕組み」が必要

大組織では新事業担当者の貴重な時間やエネルギーが上層部への説明に費やされてしまい、潜在顧客に向き合って事業開発に取り組む時間がとれないという状況に陥りがちです。結果として、顧客の本音・本心とかけ離れた「上層部が理解しやすいだけの」商品・サービスが量産されてしまいます。社内組織ではなく、実在する潜在顧客と向き合って事業共創できるように、社外の“非連結な会社”(ベンチャー企業 or 新設)を出島組織として活用することで、「外で挑戦」し「内に戻す仕組み」を実現するのが「出島型アクセラレーション」です。
貴社の新事業は、出島会社の事業として、貴社担当者も参画して企画・開発・運営し、事業が成長ステージに移行できた時点で貴社への再連結を判断します。

評価者は上司や専門家ではなく、潜在顧客です

ほとんどの場合、新事業のターゲット顧客は担当者の上司や専門家(ベンチャーキャピタリストや有識者)ではありません。従って、貴社の新事業を成功に導くには、「実在する顧客候補(潜在顧客)」に、なるべく早いステージから評価を受けることが必要です。

弊社では、リーンスタートアップのプロセスを通じて「真の顧客と課題」を発見すること、潜在顧客との共創プロセスを通じて「ファン顧客」を生みだすことが重要と考えています。