Workshop

イノベーション共創プログラム

対象:成熟企業の現マネジメントおよび次世代リーダー層。実践を通じた人材革新。

イノベーション人材の共創

革新的新事業を創出するには、変化対応力が高く情熱と突破力を兼ね備えたリーダー人材の育成、創業チームの編成と思いの醸成、顧客起点の事業共創の実践と学習、そして上位マネジメント層のサーバント・リーダーシップと権限委譲が不可欠です。

本プログラムでは、「思いのマネジメント(MBB)※」の理論や弊社独自の「顧客起点の事業共創(リバース・オープンイノベーション™)」のフレームワークも活用して、次世代リーダー人材と一緒に新事業のビジョンを描き、顧客起点の「視点変換」を促し、そして出島機能を利用してリーンスタートを実践することで、対象人材と担当事業の革新を促します。

※一橋大学の野中郁次郎名誉教授と一條和生教授、多摩大学の徳岡晃一郎教授が提唱された経営革新理論が「思いのマネジメント(MBB: Motivation By Belief)」です。

マネジメント・イノベーション 対象者:現経営層・現リーダー層

「革新的新事業の創出」と「次世代リーダー育成」に本気で取り組むのなら、対象候補者の上位マネジメント層が新事業共創のフレームワークを理解し、サーバント・リーダーシップを発揮することが不可欠です。本実習では、顧客起点の事業共創フレームワークを体験する共に、サーバントリーダーに必要な相互ファシリテーション・スキルの習得を目指します。

次世代リーダー・イノベーション 対象者:次世代経営層・次世代リーダー層

研修で種々の手法やツールを学ぶだけでは、激しい環境変化や新しい成長機会に対応できる「変化対応型リーダー」は育成できません。住み慣れた社内環境から離れ、実際に異文化のスタートアップの現場に身を投じて実践してみることが、変化対応力を向上させる近道です。
本実習では、対象者に出島会社(ベンチャー企業)にプロジェクトプレジデントとして出向もしくは兼務してもらうことで、実践を通じて次世代リーダースキルの習得を目指します。

ビジネスモデル・イノベーション 対象者:新事業開発担当者、社内起業チーム

革新的ビジネスモデルは、新しい手法やツールを導入すれば生まれるものではありません。イノベーションは「やってみた結果」として生まれるものだからです。実際にビジネスモデルをローンチし、小さく早く実験し、顧客起点の新結合を促します。本実習では、顧客起点のビジネスモデルフレームワークを学ぶと共に、社外の出島会社(ベンチャー企業)を活用して実際に「やってみる」ことで、革新的ビジネスモデル創出スキルの習得を目指します。

マーケティング・イノベーション 対象者:商品企画・マーケティング担当者

既存市場や架空のペルソナが前提では、新しい成長事業は生まれません。近未来の行動市場と実在する潜在顧客を探索し、「真の顧客と課題」を見つけることが第1歩です。そして、真の顧客との共創を通じて課題を解決し、「真の共通体験」を生み出すことが鍵となります。本実習では、基本的なフレームワークを学ぶと共に、顧客(学生)との出島プロジェクト『クロスターン®』も活用して、実在する「真の顧客と課題」の探索スキルの習得を目指します。